京都府・京都市内で賃貸・下宿・学生寮をお探しなら、株式会社フラットエージェンシー運営の賃貸京都.jpへご相談ください。

京町家募集

京町家のオーナー様を募集しています

誰も住まなくなってしまった古い家。
現状では、住むことも貸すこともできない状態の古い町家をお持ちの方。もしかしたらこの先使うかもしれないけれど、今は誰も使っていない町家。
そんな町家に新しい手法で 町家保存 ・ 活性化を考えてみませんか?

「古すぎて誰も住まないだろう。」
「改修費用が高いだろう。」
「ぼろぼろで、とても貸せる状態ではない。」
「数年後に住む予定がある。」

そうして、せっかくの価値のある家を眠らせてはいませんか?
京町家を解体すること以外にも、利用できる事は、たくさんあります。 
貸家の需要は高く、どんな状態の家でも価値を見いだしてくれるお客様がいます。
「オーナーになる」ということに不安を感じる方に
フラットエージェンシーでは、様々な貸し方のご提案もしています。

貸す人と、借りる人。
フラットエージェンシーはその橋渡しをお手伝いしています。
長い年月に育まれた、価値のある資産を今一度、見直してみませんか?

よくある質問

何年後になるかわかりませんが、いずれは住みたいと思っている家なのですが、資産として活用することはできるのでしょうか。
建物の賃貸借契約の形態に普通借家契約と定期借家契約とがございます。このうち定期借家契約は、契約期間を予め定めており、更新がない契約となります。再契約をするかどうかの裁量が家主様側の判断にあり、将来自用として使用が可能となります。
かなりの年数が経過した家で、人が住めないような状態なので、借り手がつかないと思うのですが・・・。
今、京町家がブームになっています。京都市の定めた【京町家】は「1950年以前に伝統的木造軸組構法で建てられた木造家屋」となっています。基本的に京町家はしっかりした構造といわれており、経過年数や戦後在来工法の流行などにより京町家は一見人が住めないような家に見える場合があります。しかし、伝統工法による改修を施すことにより、京町家として時空を飛び越えて現代に映える建物となります。
家を貸したいと思うのですが、改装する費用はいくらくらいかかるのでしょうか。
京町家の改修には費用がかかるといわれています。また、改装費用を家主様が負担する場合、借り主が負担する場合があり、さまざまなケースで考えられます。費用の負担の仕方については、家主様、借主様の双方のご意見から、一番良い方法をご提案させていただきます。
PAGETOP
京都 賃貸フラットエージェンシー
Copyright © flatagency All Rights Reserved.
京都府知事(9)第7189号 / 京都府知事(特-28)第25921号 / 国土交通大臣(1)第128号 / 電気通信事業 届出番号E17-2604
賃貸京都.jpは(株)フラットエージェンシーが管理・運営をしております。