京都府・京都市内で賃貸・下宿・学生寮をお探しなら、株式会社フラットエージェンシー運営の賃貸京都.jpへご相談ください。

知ってトクする犬ちゃんのマナー

知っておくとトクをするかもしれない、賃貸で犬ちゃんを飼うときのマナー集です。

犬ちゃんと暮らすマナー

▼しつけの基本
犬ちゃんのしつけでまず大切なことは環境になれさせることです。
自分の家の環境になれさせ、子犬の間に外出し、人間社会やいろいろな出来事、飼い主以外の人間、車などの騒音に慣れさせます。
これを省くと、臆病な性格になってしまったりすることが多いので、必ずやっておきたいです。
(環境に慣れると、むやみに吠えたりも少なくなります。)

また、犬ちゃんは主従関係をもっとも大切に考えています。
簡単な服従訓練もしておきましょう。代表的なものがマズルコントールやホールドスティール、リーダーウォークです。
具体的なトレーニングよりも先に環境に慣れ、簡単な服従訓練などをしておくと、その後のトレーニングが上手く行くことが多いのです。

▼犬ちゃんはほめてのびる
効果的な犬のしつけのポイントは、ムチよりもアメだったりします。叱らずにちゃんとできたら少しオーバー気味にほめるのが良いのです。
飼い主は、犬にとってのリーダーです。そのリーダーからほめられることは、とてつもない喜びなので、犬ちゃんは、できなかったことを叱られるより、できたことをほめられたほうが、何倍も早く覚えることができるのです。
良いことをしたときには、「よし!」など褒める言葉をいいながら、体をさするなどしてスキンシップをたくさんとります。声の高さや動作など、ほめ方を工夫するとさらに効果的です。
(怒るときは声を低く、褒めるときは高めの声を出す等。)

もちろん、叱るという行為も、しつけをする際には、非常に大事なことです。
ですが、本来、叱るという行為は、とても難しいことで、タイミングを誤ると犬はいじけたり、かむなどの問題行動につながることさえあります。
実際に悪いことをしたときにはすかさず「イケナイ!」と叱るか、あるいは無視をします。主従関係の中で生きる犬にとって、無視されることは、リーダーから拒否されることと一緒なので、とても効果があるのです。
犬ちゃんと一緒に「しつけ教室」に参加するのもオススメです。

▼食事のマナー
犬の食事も人間と同じように栄養バランスを考え、総合栄養食のドッグフードがオススメです。
成犬で1日1~2回を目安にして、決められた量を与えること。 ほしがるだけ与えていると肥満になり、病気を誘発する可能性があります。
犬が食べると中毒を起こしてしまう玉ネギ等のネギ類などは絶対に与えないよう注意しましょう。
▼トイレのマナー
犬ちゃんは、本来とてもきれい好きな動物ですので、トイレのしつけは比較的容易に出来きます。
(※ただし、4ヶ月未満の子犬ちゃんは、体の機能が未発達で、排泄のコントロールができませんので。根気よくほめながら、しつけましょう。)

犬ちゃんは、食後・遊んだ後・目が覚めた後・眠る前にトイレに行くパターンが多いです。
犬ちゃんがソワソワしだしたら、声をかけながら、トイレへ誘導しましょう。うまくできたら、ほめてあげるのを忘れずに。飼い主も「ウンチの処理をするのはイヤだなぁ・・・」とか思いながらイヤイヤしないように。
生後4ヶ月以内の子犬ちゃんは、一時間おき位にトイレに行くので、しつける絶好のチャンスです。

トイレの場所は頻繁に動かしたり、変えたりしないこと、犬ちゃんはどこですればいいのか分からず、混乱してしまいますので、常に同じ場所でさせるようにしましょう。
もし、トイレ以外の場所でしてしまったら、よく消毒をして完全に臭いを消します。犬は、臭覚が鋭いので、また同じ場所でしないように、完全に臭いを消しときましょう。

▼吠えるマナー
犬ちゃんを飼った際の一番の苦情・トラブルは『無駄吠え』です。しかし、無駄吠えを直すのは、もっともむずかしいといわれています。子犬ちゃんのうちに、しっかりしつけましょう。

犬ちゃんが吠えるには、理由があります。 吠えることの一番の理由は、恐怖心・警戒心からです。
警戒心・恐怖心を取り除くために、子犬のころから多くの人や、物音・車の音、町の中などにならし、ささいな物音や知らない人におびえないよう、環境に慣れさせましょう。
(人が通るだけで吠えるような犬は、子犬のころに家の中から出たことがなかったり、ずっと主人の陰で守られ、甘やかされながら育ったケースが多いのです。
そういう過程で育った子犬がやがて成犬になり、今まで家の中で育てられていたのが、外で飼われはじめたり、主人からだっこしてもらえなくなったり、守られなくなったりと、急に外の世界にほおり出されて、周りが怖くてしょうがないのです。
よく吠える犬ちゃんは、たくさんの愛情が急に去ってしまって、とても孤独や不安をかかえているケースが多いのです。)

環境に慣れたら、何で吠えているのかを、理解してやることです。そのうえでやさしく声をかけてあげて、やめさせます。
子犬ちゃんのころなら、やさしく声をかければすぐに吠えるのをやめますから、やめたときにはたくさんほめてやりましょう。吠えるのをやめ、なでてもらいに来るように、子犬のときにしつけます。吠え始めたときに根気よく繰り返します。
『吠えるのをやめたら、たくさんほめられるんだ!』という、いい経験をたくさんさせて、覚えさせましょう。

吠える犬ちゃんをしつけるには、主人がしかるよりも、天罰的な行為でしかると良いでしょう。
恐怖心にかられた犬ちゃんは見えぬ「敵」と戦っているところなので、無闇にしかると、主人も敵とみなしてしまうケースもあります。
犬の後ろから水鉄砲で水をかけたりして、 「吠えたら嫌なことが起こるよ」と思わせるのが良いでしょう。

上記の方法でもうまくいかない場合は、服従訓練が不十分で、権勢症候群になっているかもしれません。自分が家族の中で一番のリーダーだと思っているので、すべての敵から自分のなわばりを守ろうと必死になります。
この場合は、もう一度服従訓練から始めるか、成犬でしたらしつけ教室に通うとよいでしょう。

犬ちゃんとの暮らしで気をつけるマナー

▼外出時は必ずリードでつないでおくこと
廊下などの共用部分を歩くときは、大型犬なら離れないようにリードをつけ、小型犬なら抱いあげたりして、飼い主からはなれないようにしましょう。
エレベーターに乗る際は、ちゃんとしつけていても、狭い空間に知らない人が一緒にいると、 犬ちゃんは緊張状態やパニックになって吠える場合があります。 乗り込むとき・先に乗っている人がいる場合は「ご一緒してよろしいですか?」と声をかけましょう。

犬ちゃんは社交性のある生き物ですので。 同じ集合住宅の中で暮らす人々や他のペットと顔見知りになれば、 犬の社交性を満足し、ストレスの軽減となり、ムダ吠えも少なくなります。

※すべての犬ちゃんが上記項目にあてはまるわけではありません。お困りの際は1人で解決しようとせず、必ずペットに詳しい医師やトレーナー・ブリーダー等の専門家に聞きましょう。

PAGETOP
京都 賃貸フラットエージェンシー
Copyright © flatagency All Rights Reserved.
京都府知事(8)第7189号 / 京都府知事(特-28)第25921号 / 国土交通大臣(1)第128号 / 電気通信事業 届出番号E17-2604
賃貸京都.jpは(株)フラットエージェンシーが管理・運営をしております。