京都府・京都市内で賃貸・下宿・学生寮をお探しなら、株式会社フラットエージェンシー運営の賃貸京都.jpへご相談ください。

ペット賃貸でよくある質問

日本のライフスタイルが変化する中で、ペットを飼う人・飼いたい人が増えています。
しかしすべての賃貸住宅がペット飼育可能というわけではありません。改めてペット可マンションについてご説明します。

ペット可じゃない賃貸マンション・賃貸物件でペットを飼っては駄目なんですか?
ほとんどの賃貸借契約書には、条文か特約事項に「ペットの飼育を禁止する」などの記載がされています。万が一管理会社やオーナーの承諾なくペット可じゃない物件でペットを飼った場合、契約を解除されても仕方ありません。
家主さんや管理会社から追い出されたり、加えて契約違反によるペナルティーを請求されることも考えられます。

見つからないように隠れて飼っても、退去の際にペットによる傷で予想以上の修繕費が必要になったり、堂々と散歩に行けなかったり、また鳴き声を気にしたり、騒音で隣人とのトラブルが起こったりと、住む人もペットも大きなストレスを感じてしまうので、必ずペット可の物件に住むのが一番だと思います。

そもそも賃貸住宅では、なぜペットが禁止なのか?
その理由は、『共同住宅』という独特の構造・居住形態にあります。共同住宅は壁一枚隔てて自分と違う趣味・考えの異なる人が居住しています。
そのような中で、例えば、汚物による悪臭や他の住戸ベランダへの侵入、昼夜を問わず鳴き声などで問題が発生すると、一部のペットのために共同住宅全体でいろいろなトラブルの要因を抱え込むことになる、ということが一番大きな理由です。
ペット可の賃貸物件なら、どんなペットでも飼っていいの?
『犬のみ・猫のみ』『大型犬不可』『ペット2匹以上は駄目』等、物件によって飼えるペットの条件が異なるケースがあります、事前に自分の飼っている・飼いたいペットがそこで飼えるのか確認しておきましょう。
基本的に一人暮らし用のマンションは小型犬のみOKのものが多いです。

においが出る、鳴く、物をかじる、人を噛むなどの癖がある動物はトラブルの原因になったりします。入居前にそのことも必ず相談しましょう。

ペット可・ペット共生型マンションのどちらも、住人のなかにはペットが好きではなかったり・特定の動物が嫌いな人もいます、ペット可の物件だからといっても隣人との付き合いには注意が必要です。
もし隣人・近所等から苦情がきた場合は、すぐに解決するよう努めましょう。

『ペット可』と『ペット共生型』ってどう違うの?
「ペット可」は、その物件でペットを飼うことが許可されている物件。ペット用の特別な設備が付いていないのがほとんどです。

「ペット共生型」は、室内や共用スペースにペット用の設備が用意されていたりと“ペットと共生できる環境”が整っているものを指します。

マンション等によって、設置設備の詳細は異なります。ご希望のマンションにどのような設備があるかが気になるお客様は事前にお問い合せ下さい。

ペット可賃貸の値段は?
退去後のメンテナンスなどを考えて、ペット可物件は通常の物件よりも賃料や敷金・礼金・保証金等が高めです。
なかでも、ペットが壁や床など室内に傷をつけてしまう可能性も高いことから、敷金や保証金が高く、うち1カ月分は返却されない償却費に設定されていることも多いので、ご注意下さい。

物件によってはペットを飼うと賃料・敷金等がUPする物件もあります。
最終的な値段を必ず事前に確認し、無理のない部屋を探しましょう。

ペット可賃貸の物件はどこにでもありますか?すぐに見つかりますか?
残念ながら、ペット可の物件数は全体の1割ほどしかありません。
共生型はそのなかでもごく一部にしかありませんので、なかなかご希望の地域で見つからなかったりもします。
しかし、当サイトで掲載している物件以外にもペット可マンションが見つかったりしますので、このサイトにないからと諦めず、お気軽に当社にお電話・お問い合せ下さい。
周辺環境で気をつけなければいけないことはありますか?
一番にチェックしたいのは、動物病院の場所です。病気やケガのときに、すぐに相談にのってくれる獣医さんを見つけておきましょう。
他にはペットショップが近くにあるか、公園や散歩出来るコースがあるかの確認を。
旅行・出張・入院時等に預かってくれるペットホテルの場所もおさえておくと便利です。
ミニコラム
そもそも昔の日本には「共同住宅」という概念はなく、住まいと言えば戸建中心で、当時は「犬は番犬」と決められ、ペットは外で飼うのが一般的でした。しかし高度経済成長の時代、都市設備団体が、欧米の「マンション・アパート」という概念を導入し、いわゆるひとつの「公団住宅」を建設、供給しました。その際、公団がペットを飼わない住民の苦情に対応するため、初期の段階でマンションでの犬・猫の飼育を禁止したのが始まりで、日本国内に一般化したようです。
PAGETOP
京都 賃貸フラットエージェンシー
Copyright © flatagency All Rights Reserved.
京都府知事(8)第7189号 / 京都府知事(特-28)第25921号 / 国土交通大臣(1)第128号 / 電気通信事業 届出番号E17-2604
賃貸京都.jpは(株)フラットエージェンシーが管理・運営をしております。